コニテクコラムColumn

切削液(油)は機械で金属を切削加工する時に使用します。加工される金属と工作機械の摩擦を防ぎ、加工面の精度を上げたり、機械の劣化を防止します。切削液(油)が被削物と工具との間に流れ込むことで、工具と被削物の間に溜まった切クズなどを洗い流し除去するといったように、作業効率を全体的にアップさせる効果があります。
また、切削液(油)は大きく分けて、水に薄めて使用する「水溶性切削油剤」と希釈しない「不水溶性切削油剤」の2種類ありますが、不水溶性切削液(油)は消防法の危険物に該当するので取り扱いに注意が必要です。切削液(油)の潤滑性能・冷却性能・錆び止め性能・耐劣化性能・作業性・経済性やメンテナンスなどについてご説明します。

金属・非鉄金属の加工で潤滑や冷却を目的に使用されている切削液(切削油剤)には様々な種類があります。切削液の種類とその成分・特徴、さらに使用の使用例などをご紹介します。

切削加工では削った時に金属クズのキリコが出ます。キリコが機械に堆積すると加工の精度を低下させ機械の寿命も低下させるため切削液(油)をろ過してキリコやゴミを除去する必要があります。

長期的に空気に触れている切削液(油)は微生物が繁殖しやすい環境にあります。切削液(油)が腐敗することより切削加工の精度が低下するため定期的にろ過するなどメンテナンスが必要です。

切削液のなかでも水溶性の製品は腐敗しやすく、悪臭を発生させるため、労働環境を悪化させます。切削液の腐敗による病気発生のリスクと水溶性切削液を腐敗させない方法をご紹介します。

切削液は不水溶性切削液と水溶性切削液がありますが、ケースバイケースで希釈することもあります。希釈する際に使う水の質が悪いと、様々な悪影響を及ぼすことになるので注意したいです。

切削液によって発生する手荒れのような症状。とても困ってしまう症状ですが、原因を知ることによって予防法を把握でき、結果的に手荒れ予防が可能です。しっかりと保護してください。

水溶性切削液は水を入れることによって適切な濃度管理を行うわけですが、目分量で調整するとどうしても濃くなったり薄くなったりします。濃度の管理は正しく行いましょう。

切削液には複数の種類があります。水溶性切削液と不水溶性切削液のどちらなのか次第で処分方法が変わってきます。安全性を維持するためにも、そして法を守るためにも適切に処理してください。

水溶性の切削液もあれば、不水溶性のものもあります。双方とも現場で活躍していますが、例えば冷却機能を重要視したい場合には、水溶性のものを選ぶことをおすすめします。